KEY-K

記事一覧(5)

ループ素材は格安外注ミュージシャン

こんにちは、KEY-Kです☆今回は、トラックメイクの際に登場するループ素材についてのお話し。僕の経験と、先輩トラックメイカーの制作現場を見て感じた事を記していこうと思います!ループ素材を使うってズルい?僕が音楽に目覚めなんやかんやでトラックメイクを始めたのは高校1年の秋。ちょうど6年前の今頃です。僕は楽器の経験もなければ音楽知識も皆無。シンセサイザーとサンプラーを買い、シンセサイザーの中のドラム音源を単音ずつサンプリングしてビートを組み、その上にこれまたシンセサイザーの音源を単音ずつサンプリングし、上ネタを乗せるという形でトラックメイクへ足を踏み入れました。その後DTMという制作方法がある事を知り、なんとかPCとLogic pro8を手に入れDTM生活のスタートです。先輩に操作方法を教えてもらいながら、今聞けば、赤面…というか心がもげそうなくらいに聞けたものじゃない曲を作っていました。wその中で、ループ素材(ドラムやギター等、様々な楽器のフレーズが録音された、著作権フリーの素材)というものの存在を知ったのです。それからというものの、ループ素材に頼りに頼って楽曲制作を…とはいかず、僕の中では、トラックメイカーたるもの全ての音を自分の手で打ち込むべし!!というポリシーが生まれ、ループ素材なんて手抜きでズルい。そして、ループ素材には手を出さなかったのです。ハイハットの人間的な微妙なズレ、シェイカーの強弱、タムの絶妙なもたり、グループを生み出すために多くの時間と労力を費やしていました。

【DTM初心者向け】プラグインってなんなの…!?!?

プラグインは装備品!持ってる剣のレベルを上げよう!こんにちは、KEY-Kです☆DTMを始めてみるとなんだか意味が一瞬で入ってこないなんだかなぁ…怖いなぁ…怖いなぁ……といったような言葉が出てくるという事で、前書ではインターフェースについてお話ししました!そして今回はこちら!プラグインプラモデル…?レースクイーン…?パンツイン…?いいえ、違います(>人<;)簡単に説明すると、プラグインとは、DAWソフト上で使用するエフェクターや音源の事!!!シンプルに説明しましたが、それでOK♪では、その中で大まかに2つに分けられるこれら "プラグインエフェクト" と "プラグイン音源"。この2つについてまとめてみましょう!プラグインエフェクト ・・・ エフェクター(リバーブやディレイやコンプレッサー等音に効果をかけるもの)をPC上でソフトとして再現したもの。ある音に対して効果(エフェクト)をかける時に用いる。プラグイン音源 ・・・ ドラム、ピアノ、ギター等をPC上でソフトとして再現したもの。DAWソフトには、これらプラグインが買った時から内蔵されています。しかし、人はないものねだりの生き物…より良い音、より良いエフェクト、最新のものが欲しくなるものです。そして、ある程度楽曲を作れるようになり、そこからもうワンランククオリティを上げるには、正直な所これらプラグインのクオリティが求められるのです!どんなに良い編曲でも使っている音がしょぼいとどうしてもしょぼく聞こえます(◞‸◟)(逆にどんなに良い音源を使っていても編曲がイマイチだとイマイチな曲にしかならないのも事実ですね…)人気ゲーム マインクラフトに例えるならば、より頑丈な斧、より頑丈なツルハシ、より攻撃力の高い弓を作って、ヤバくなっていこう!!っていう感じです笑つまり、プラグインとは、レベルアップする為のアイテムという事です♪

【DTM初心者向け】!?オーディオインターフェースって!?

中継係こんにちは!KEY-Kです☆DTMを始めるに当たって最低限必要な(揃えておきたい)機材は以下の通りなのですが。一つだけ聞きなれない奴がいます。PC⇒わかるパソコンのことDAWソフト⇒わかる音楽制作ソフトのことキーボード⇒わかる鍵盤スピーカー⇒わかる音出るやつ各種ケーブル類⇒わかるつなぐやつオーディオインターフェース⇒!?!?!?そう!このオーディオインターフェースあまり聞き慣れないですよね。オーディオI/O、I/O等と言われる場合もあります!!(ドヤッ)いやいやわかんねぇよ…。という方に例をあげて説明すると、オーディオインターフェース活用「ギターの場合」例えばギターを録音したい。となった時に直接PCにギターをぶっ刺して録音!!とはできないので、ギターとPCの間に中継するものが必要です。その中継するものが「オーディオインターフェース」ギター(シールドを使って)⇒インターフェース(USBを使って)⇒PCという流れを作ることで、ギターの音をPCに録音できる訳です。外部の「音」や「信号」をPCに入力する為の中継係 という事です!オーディオインターフェース活用「キーボードの場合」・キーボード(シールドを使って)⇒オーディオインターフェース(USBを使って)⇒PCとなります。またキーボードの中でも、キーボード自身がデジタル信号を発することができるものをMIDIキーボードといい、・MIDIキーボード(USBを使って)⇒PCと直接PCににつなげるタイプもあります。またケーブルにも色々あり、USBではなく、midiケーブルを使う場合は・MIDIキーボード(midiケーブルを使って)⇒オーディオインターフェース(USBを使って)⇒PCといったケースが考えられます。オーディオインターフェース活用「スピーカーの場合」また、「音を入力してPCに出力」以外に「PCの音を外に出力」する為の中継点としても活躍してくれます。その際は・PC→オーディオインターフェース→スピーカーという音の流れになります。つまりオーディオインターフェースとはあらゆる外部の音やデータをPCに取り込む際に必要。そして、スピーカーから音を出す為にも必要な中継係なのです。

「PC作業で視力低下...実感する前にブルーライト対策を!」